オリジナルドローイングショー?
What is the "Drawing Show」?

Drawingshow (1)
Light (1)
finger (1)
Drawing Show_Pictures (14)
water (1)
Marbling (1)
Drawing Show_Pictures (3)
Speed (3)
Drawing Show_Pictures (11)

世界初のドローイングパフォーマンス!  図の舞台の出会い! 

World's First Drawing Performance! 

Art Meets the Stage!

天才+アート感覚+特殊効果の産物

A product of genius、artistic sense and special effects all combined into one

 

<オリジナルドローイングショー>は、2007年キム・ジンギュ芸術監督によって、世界初の絵画や美術という素材を舞台上の主人公に果敢に引き込んで芸術センスと特殊効果を重ね「図面ノンボボルパフォーマンス」という新しい世界の扉をぱっと開いた。目の前で繰り広げられる幻想のライブドローイングと想像力を刺激するパフォーマンスで作られている作品は、新しい様々な感性で子供の感性指数を高めてくれるだけでなく、家族全員と全世代を楽しませる総合ギフトセットのようだ。

 

The」Original Drawing Show」premiered in 2007 by artistic director Kim Jin-kyu as the world's first performance which cast painting and art as the main protagonists of the stage。 Added together with special effects and artistic directing、it opened new doors to a world of」Non-verbal Drawing Performance」。 The show、comprised of a fantasy of live drawings and performance arts that stretch your imagination、will not only encourage the artistic senses of your children but is a gift hamper to be enjoyed by families of all ages。

楽しさと教育を同時にプレゼントするEdutainment(Education + Entertainment)の先頭

Leading pioneer of」Edutainment」、combining both education and entertainment

 

「なぜ展示場にかかった絵だけ見るべきであるか?」という疑問から始まった作業は、「子供の頃楽しく絵を描い体験が美術の本質」という考えと混合され、「完成された絵」ではなく、「完成されている会話のコース」を試演する公演形の舞台芸術に誕生させた。 「会話」、「図」という言語、民族、世代を超えている素材を利用して、絵が完成される過程を目撃する体験を通してコミュニケーションを通じた喜びと学びを同時に配信するコンセプトの<オリジナルドローイングショー>は、世界が一緒に楽しむ大韓民国代表公演として、成長に十分な可能性をジニョトウムはもちろん、実際に「ドゥリョインショ」の生誕地である韓国はもちろん、日本で成長を見せ、2011年にはシドニー大学のSeymour Centreで公演された「Soul of Seoul>でのキム・ジンギュ監督のソロ・パフォーマンスを介して「ドローイングショー」の存在を、オーストラリアの観客に知らせた。

 

Inspired by a simple question of "Why are paintings only seen at the galleries?"、the show further supplemented the answer with the philosophy that」the essence of art is the fun we had in drawing in our childhood」。 The result is not the paintings in their complete forms as we often see、but the birth of an arts performance delivering「art in its process '。 With this unique concept、the prime elements of」Original Drawing Show」are」painting」and「art」、which transcend culture、language and age to provide education and entertainment。 And so far、its universal theme has demonstrated its potential to evolve as Korea's own unique performance in the global community、with increased demands for the show's performance in its birthplace、Korea、and its neighbour、Japan。 In 2011、the show made another leap、when it was promoted to the Australian audience as part of the」Soul of Seoul」event、held at the Seymour Centre at the University of Sydney。

最初純白のキャンバスに筆を寄せるのを皮切りに落ち着きのなさの変化を通じた完成作の感動

From the moment the brush touches the canvas until the final awe、your heart will move as one

<オリジナルドローイングショー>は、図の舞台が会って生気に満ちた幻想的な表現を使用して魔法のも同じ高速ライブドローイングと絵画の特性を応用した各種の舞台効果を介して、観客の感性を刺激して、無限の想像力を掻き立てる最初の経験を提供する。ここに加えて、俳優たちの楽しい身振りと煙にユーモアと風刺が加わり、図の瞬間変身などの効果を通じた感動の最大化を介して、観客は、各作品が完成される過程の中で、全く予測できない結果を目撃することになり最初の期待感を数倍に補償される。

 

The」Original Drawing Show」stimulates your indefinite imagination with magical live-drawings、combined with many special effects that supplement this surreal fantasy。 The actors「humorous and satirical acting is only one of the many bonuses、and the sudden transformations of each of the paintings will always keep the audience guessing、increasing the anticipation of what will come next。